契約書チェック

 

相談

 

知的財産権に関する契約書のチェックを依頼したい。

 

 

 

当事務所の対応

 

顧問先様からのご相談です。

 

 

知的財産権に関する契約書であり、契約の相手方が独立行政法人となるため、こちらを一方的に不利にする契約とはなっていませんでした。

 

その中でも、顧問先様が不利になる可能性がある点について、アドバイスを差し上げました。

 

  • 発明の実施状況その他実施に関する事項について、相手方が調査できる

 →調査は「こちら側の同意を得て」行うとの記述を追加

 

  • 発明に関して第三者による侵害があった場合には契約当事者がともに協力して侵害排除の手段を講じる

 →相手方が単独で侵害排除を行うように変更

 

  • 契約の解除

 →こちら側はいつでも解約できる、との条項を入れることを提案

 

その他、こちら側の負担が不当に重くなりかねない言葉を削除し、細かな表現を変更するようアドバイスしました。

 

また、併せてチェックのご依頼をいただいていた知的財産権に関する実施計画書については、実施する製品の生産・販売の予定について少なめに表示することを提案いたしました。

 

少なめであれば、相手方に期待させすぎることもなく、後々のトラブルを防ぐことにも繋がります。

 

 


メールでのご相談予約も受け付け中です。