群馬・館林の弁護士による企業法務 上野俊夫法律事務所 TOSHIO UENO LAW OFFICE

館林駅徒歩2分 無料駐車場がございます お気軽にご相談ください TEL:0276-56-4736 受付時間:平日9:00~18:30 メールでのご相談・ご予約も承っております。こちらをクリック

主に群馬県・栃木県・埼玉県・茨城県の経営者様のご相談に対応しております
企業経営にまつわる法律問題についてお気軽にご相談ください

北関東の中小企業を応援し、地域の活性化を図りたい 企業の法律問題に精通した弁護士があなたの会社を法的リスクから守ります。 上野俊夫法律事務所

新型コロナウイルス感染症特設ページはこちら

新型コロナウイルス感染症特設ページはこちら

お急ぎで弁護士をお探しの方へ

  • 裁判所・労働局から書類が届いた
  • 内容証明が届いている
  • 残業代を請求されている・問題社員の解雇をしたい
  • クレーマーの対応に困っている
  • 退職する社員の競業避止・情報管理体制を整えたい
  • 労基署・労働組合の対応に困っている

その他のご相談をしたい方はこちら

業種別の法律相談

以下では、特に当事務所で相談の多い業種別の経営者様のご相談を紹介します。

  • 建設業
  • 製造業
  • 運輸・運送業
  • 社労士等士業
  • 廃棄物処理業
  • 医療・福祉
  • 保険業
  • サービス・美容
  • 小売業・卸売業
  • 飲食業
  • 宿泊業
  • 娯楽業
  • 倉庫業
  • 学習支援・教育
  • 不動産業
  • その他

メールでのご相談予約も受け付け中です。

代表メッセージ

代表 上野俊夫

上野俊夫法律事務所のホームページを閲覧頂き、ありがとうございます。

弁護士の上野俊夫です。

私は、平成16年に弁護士になり、平成20年4月21日、群馬県館林市で開業しました。私は、高崎で生まれたことから生まれは群馬県ですが、実家は東京にあり、生粋の群馬人ではありません。そして、館林で開業するまで館林には縁はありませんでした。そのようなことから、「どうして館林で開業したの?」とよく聞かれます。

実は、私が事務所を設立した平成20年当時、館林には法律事務所が一つもなく「弁護士過疎」の状況 でした。

そのような「弁護士過疎」地域では、市民と弁護士の間に物理的、心理的距離があります。普通、弁護士には人生で一度会うか会わないかですから、あまり馴染みがなく弁護士というのはどういう人種かもわからないので、「トラブルがあっても法律事務所にはあまり行きたくない」という考えの方が多いと思います。それに加え自分の住んでいるところに法律事務所がなかったらなおさら「弁護士に相談しに行こう」とは思わないでしょう。

続きを読む

 

今の顧問弁護士に対する不満、お困りはありませんか? 上野俊夫法律事務所をセカンド顧問としてご活用ください!
不当要求から従業員様を守り、従業員様が本来の業務に専念できるようLINE相談をご活用ください。

顧問先の声

その他の顧問先の声はこちら

上野俊夫法律事務所が提供する企業法務に関するメールマガジン

上野俊夫法律事務所では、会社経営に役立つ法律情報を定期的に配信しております。

    最新のメルマガ

    メールマガジンvol. 69 【定年後再雇用の場合の同一労働同一賃金】

    定年後再雇用の場合の労働トラブルが最近注目されています。   昨年、名古屋自動車学校事件(令和2年1…

    バックナンバーを見る

    最新のセミナー情報

    セミナー名をクリックするとお申し込みページに移動します

     

    社会保険労務士Web(受付中)Web・社労士・2021年9月16日(木)労働問題勉強会 第3回「懲戒権の行使」
    社会保険労務士群馬(受付中)館林・社労士・2021年9月8日(水)労働問題勉強会 第3回「懲戒権の行使」
    社会保険労務士Web(受付中)Web・社労士・2021年7月20日(火)労働問題勉強会 第2回「解雇」
    社会保険労務士群馬(受付中)館林・社労士・2021年7月8日(木)労働問題勉強会 第2回「解雇」
    社会保険労務士Web(受付中)Web・社労士・2021年5月25日(火)労働問題勉強会 第1回「退職勧奨」

    過去のセミナー情報はこちらをご覧ください。

    代表メッセージ

    事務所所長 上野俊夫

    上野俊夫法律事務所のホームページを閲覧頂き、ありがとうございます。

    弁護士の上野俊夫です。

    私は、平成16年に弁護士になり、平成20年4月21日、群馬県館林市で開業しました。私は、高崎で生まれたことから生まれは群馬県ですが、実家は東京にあり、生粋の群馬人ではありません。そして、館林で開業するまで館林には縁はありませんでした。そのようなことから、「どうして館林で開業したの?」とよく聞かれます。

    実は私が事務所を設立した平成20年当時、館林には法律事務所が一つもなく「弁護士過疎」の状況 でした。

    そのような「弁護士過疎」地域では、市民と弁護士の間に物理的、心理的距離があります。普通、弁護士には人生で一度会うか会わないかですから、あまり馴染みがなく弁護士というのはどういう人種かもわからないので、「トラブルがあっても法律事務所にはあまり行きたくない」という考えの方が多いと思います。それに加え自分の住んでいるところに法律事務所がなかったらなおさら「弁護士に相談しに行こう」とは思わないでしょう。

    続きを読む

    今の顧問弁護士に対する不満、お困りはありませんか? 上野俊夫法律事務所をセカンド顧問としてご活用ください!
    不当要求から従業員様を守り、従業員様が本来の業務に専念できるようLINE相談をご活用ください。

    顧問先の声

    顧問先の声

    上野俊夫法律事務所が提供する企業法務に関するメールマガジン

    上野俊夫法律事務所では、会社経営に役立つ法律情報を定期的に配信しております。

      最新のメルマガ

      メールマガジンvol. 69 【定年後再雇用の場合の同一労働同一賃金】

      定年後再雇用の場合の労働トラブルが最近注目されています。   昨年、名古屋自動車学校事件(令和2年1…

      バックナンバーを見る

      最新のセミナー情報

      セミナー名をクリックするとお申し込みページに移動します。